上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今シーズンの締めくくり、全日本長ぐつアイスホッケー選手権大会が2月9日(土)、10日(日)の二日間の日程で、ナガホ発祥の地、釧路町にて開催されました!

別海町代表(?)として男子の部には別海LAZEが、混成の部にはLAZE ZEROが、昨年に引き続き参戦!

今年は昨年以上の成績を収めることができたのでしょうか

結構遅れてしまいましたが・・・まずは混成の部の結果報告から!



予選の組合せは以下のとおりとなりました。

【Aブロック】
白:中標津選抜(中標津町)
緑:サンライズ(標茶町)
青:オウンゴール(釧路町)

【Bブロック】
黄:昆虫ほぼ100円ショップ(釧路町)
緑:ジャンカシーズ(釧路市)
黒:LAZE ZERO

【Cブロック】
白:泊村選抜(泊村)
黒:黒P’s(標茶町)
赤:BLESK(釧路町)

【Dブロック】
赤:おりじなる(釧路市)
黒:お好み焼きじゃんぼ(釧路町)
白:しろくま(標茶町)

我々LAZE ZEROはBブロックに。
釧路町、釧路市のいるちょっぴり厳しいブロック
混成とはいえ、名だたるジャンカシーズもいるではないですか

それでも永遠のチャレンジャー、ZEROメンバーは当たって砕けろ精神で臆せず挑みます!



第1試合 VS ジャンカシーズ(釧路市)

1 KOBAX
2 KINYA
3 AKKO
4 YUMIKO
5 りょーすけ
6 かっつ
7 AKKA 
8 水神M


いきなりの大ヤマを迎えるZERO。
しかし、ジャンカシーズというネームバリューにのまれるメンバーは・・・水神Mくらい?笑
あとは知らないか気にしない(笑)

そんな怖いもの知らず精神が良かったのかもね!
前半早々に、本日上着着用のKINYAが先制点を挙げる!
その数分後にもAKKOが追加点で、ジャンカシーズさん相手に2点のリード
こんなこともあるのですね(笑)

2点リードのまま後半に入ると、暴走王KINYAの暴走開始
自陣に向って全力ダッシュのディフェンス!
周りがみんな「あー!・・・あー!・・・あー!」って思って見ていたはずです。
周囲の心配どおり、勢い余って自陣にIN

メンバーオーバーのペナルティを取られPSで1点を返されてしまいました

が!!!
その後失点しないまま試合終了のホイッスル!!!

まさかの勝利

LAZE ZERO 2-1 ジャンカシーズ



第2試合 VS 昆虫ほぼ100円ショップ(釧路町)

1 KOBAX
2 KINYA
3 AKKO
4 YUMIKO
5 りょーすけ
6 かっつ
7 AKKA 
8 水神M


相手チームはなんと、中学生
昨年の男子の部で中学生のホッケー部にコテンパンにされた一部メンバー(水神M)はまたしてものまれている模様(笑)
あとのメンバーはうん、気にしない(笑笑笑)

元気いっぱいの中学生チーム相手に元気いっぱいで応じるZERO
試合展開は前試合と同様、KINYAが先制点ゲット!
続いてゴール前で競り勝ったAKKOが「必殺・真上から相手の背中にポテン、ゴールに向かってコロコロシュート」を本番で完成させ追加点、ゴール前フリーでパックを持ったりょーすけがダメ押しの3点目で、中学生に負けないハッスルプレーを見せつけ完勝です

ZEROメンバーも歳はとってるけど、みんな中学生みたいなもんだから勘弁してください
それと、本気で行かないと負けてしまう恐れがあったのもまた事実。
未完のチーム、それがLAZE ZEROです

しかし、昆虫ほぼ100円ショップの皆さんはめっぽう元気が良かったですね!
めちゃめちゃ楽しそうでした。羨ましいです!!

あと、やっぱ若ッ!羨しッ!!

LAZE ZERO 3-0 昆虫ほぼ100円ショップ(釧路町)



決勝トーナメント1回戦 VS しろくま(標茶町)

1 KOBAX
2 KINYA
3 AKKO
4 YUMIKO
5 りょーすけ
6 かっつ
7 AKKA 
8 水神M


なんと、予選ブロックを1位通過してしまったZERO諸君。
奇跡です。
決勝トーナメント1回戦の相手はDブロックを2位通過してきた標茶町代表しろくまさん←これはヒグマっぽいけど。

若干攻められつつもほぼ互角の展開だったと思われる。
守備がそこそこ機能していたZEROは相手に得点を与えない粘りのDFを続ける。
しかし相手のDFも良かったため、暴走王&女子ストライカー2人は沈黙を余儀なくされることに。

試合はスコアレスままのPS戦へと。

先行はZERO。
しろくまGKは女子だったため、密かに「(…お。行けんじゃね?)」と思った私が甘かった。

【1人目】
ZERO:KOBAX 〇
しろくま:〇
【2人目】
ZERO:りょーすけ ×(迷った挙句GKど真ん中のどてっぱら)
しろくま:×
【3人目】
ZERO:かっつ ×(緊張のあまり1タッチ目でほぼGKの前まで転がり、2タッチ目で動いていないGKの左腕)
しろくま:〇

と、惜しいとも言い難い感じで敗戦
りょーすけの時は「マジか!!?」と目ん玉飛び出そうになりました(笑)
AKKOに行かせればよかった

むう・・・。またしてもベスト4はお預け
今大会の混成の部はこれにて終了です!!

LAZE ZERO 0-0(PS0-1) しろくま(標茶町)



今大会の最終成績は過去タイのベスト8ということになりました
最終順位こそ更新なりませんでしたが、予選での釧路勢の2連続撃破は最高の自信になったのではないでしょうか?

ZEROメンバーのみんな!お疲れ様!!

次回は男子の部の結果報告を致します
中跳びになっている中標津リーグの結果は全日本の報告が終わった後に徐々に追加していきますので勘弁してください


― by KOBAX ―
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。